まだ実物を見ていないが、オメガが提供する最初の画像が見たい気持ちをさらに強くさせるものだ。

上の写真、38mm アクアテラの“テラコッタ”ダイヤルを見てほしい。この赤の色調は、CVD技術による独特のメタリックな色合いだ。CVDは時計製造ではあまり見られないが、半導体の世界では頻繁に見られるプロセスで、人工ダイヤモンドの育成にも頻繁に使用されている。上記のアクアテラの真鍮製ダイヤルには、目に見える立体的な赤みがかったコーティングが施されたのち、サンブラッシュ仕上げが施され、最後に透明なラッカーコーティングで光沢が与えられているのだそう。まだ実物を見ていないが、オメガが提供する最初の画像が見たい気持ちをさらに強くさせるものだ。注:テラコッタダイヤルはCVD技術を使用した唯一のアクアテラダイヤルであり、残りの9つのアクアテラの新作は独自のダイヤルカラーを実現するためにPVD技術を使用している。

オメガ シーマスターアクアテラ偽物 231.50.39.21.06.003

サイズ | カラー | 素材

カテゴリオメガ シーマスター(新品)

型番231.50.39.21.06.003

機械自動巻き

材質名ピンクゴールド

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラーブラック

外装特徴シースルーバック

ケースサイズ39.0mm

機能デイト表示

付属品【詳細】内箱

外箱

ギャランティー

自社開発ムーブメントのキャリバー8501を搭載したピンクゴールドケースの【シーマスターアクアテラ】。

オメガを代表するテクノロジー“コーアクシャル・エスケープメント”はもちろん、並列に配された2つの香箱を搭載してロングパワーリザーブを確保するなど、オメガのこだわりが満載です。

シースルーバックからは、テンプのブリッジとローターにピンクゴールドを使用した美しいムーブメントがご覧になれます。

ここで注目すべきはダイヤルだけではない。ケースは34mmと38mmの現行モデルのアクアテラとほぼ同じで、それぞれねじ込み式リューズと150m防水機能を備えているが、外装が全面的に鏡面仕上げになっている点が異なる。付属の3連SSブレスレットも、丸みを帯びたリンクに変更され、ソフトなデザインに生まれ変わった。

新しいアクアテラの全10モデルには、オメガのフラッグシップ自動巻きCal. 8800が搭載されている。このキャリバーは、オメガに我々が期待するMETASのマスタークロノメーター認定を受けており、高度な耐磁性能、55時間のパワーリザーブ、そして6時位置に日付表示窓を備えている。

アクアテラは、ロレックスのデイトジャストやオイスター パーペチュアルと同じように、オメガの日常使い用の時計として20年前に発表されたモデルだ。数年後に発売されたダイバーズウォッチ、プラネットオーシャンと並んで、アクアテラはオメガの21世紀における大きなサクセスストーリーと言えるだろう。まだアクアテラを所有したことはないが(実は長いあいだ検討していた)、アクアテラなしでは新しいミレニアムのオメガを語ることはできないと思っており、私は誰よりもアクアテラ支持者なのではないかと考えている。

【関連記事】:http://three-best.sakura.ne.jp/diary.cgi

「まだ実物を見ていないが、オメガが提供する最初の画像が見たい気持ちをさらに強くさせるものだ。」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です